確実に薄毛を解消するなら医療機関がおすすめ

薄毛や抜け毛は病院機関における発毛治療で改善することができる

薄毛や抜け毛はその人の特徴や個性、あるいは定められた運命だと思い込んでいませんか?多くの人がすぐに諦めてしまってケアや対策を止めてしまうこの症状ですが、しかししかるべき病院機関を活用して発毛治療を行うと一定の効果を得ることが可能です。
その方法も各々の症状によって大きく異なるもの。最も多い症例ではAGAという病気が原因となる薄毛がありますが、この場合、医師の処方した飲み薬や塗り薬を使い続けることで症状を改善し、発毛をもたらすことができます。
さらに生活習慣が頭髪に影響を与えるケースも多く、例えば頭皮が汚れて毛穴詰まりが起こったり、睡眠不足やストレスや食事の偏りなどの生活習慣によって血行悪化、ホルモンバランスの急激な変化などが生じている場合もあります。この時には適切な生活指導を行ったり、頭皮の汚れを取り除くなどの発毛治療も効果的です。
他にも選択肢は数多く存在するのが医療機関の良いところ。それではどのような施術を受けることができるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

AGAの治療薬や生活習慣の改善指導なども懇切丁寧に行う

病院機関に通院する患者に多いのがAGAという病気を発症しているケースですが、この飲み薬にはプロペシアという錠剤が用いられ、なおかつミノキシジルという塗り薬も合わせて処方されることがほとんどです。このプロペシアが頭皮の特殊な酵素の働きを抑え、頭髪の成長を阻害する物質が出るのを抑えます。またミノキシジルは毛細血管を拡張させるので、これまでに比べてより多くの栄養分を毛根へと補充することが可能となります。
一方、生活習慣を改善する指導に関しては主に口頭にて行われるのみですが、病院の設備などによってはヘッドスパなどで汚れを取り除いたり、栄養分を毛穴から浸透させて頭皮の環境改善を行うこともできます。このような治療方法によって自らの症状の根本的な原因を見つめるだけでも、発毛に向けて大きな進歩をとげることができるはずです。

医療機関における最先端の治療法にはどんなものがある?

さらに専門の病院機関では最先端とも言える発毛治療を行っています。まず最も一般的なのが成長因子や栄養分をカクテル上に混ぜ合わせた液体を頭皮に注射して発毛を促すといった手法です。これはその成分によって大きく費用が異なりますが、2週間に一度くらいの間隔で注射を行い、大きな改善効果が期待できます。
さらに健康的な自毛を丁寧に採取してこれを薄毛部分の頭皮に植え付けるという自毛植毛も人気です。これは自らの頭髪なので定着率も高く、順調に行けば生涯ずっと使い続ける頭髪へと育てることも可能です。
また、再生医療などを用いて、失われた毛母細胞を復活させて頭皮に戻すという手法も行われています。これは医学界でも最先端と謳われており、ほんの一部の医療機関でのみ行っている施術ですが、これからの治療法を劇的に変えるとも言われているので、大きな期待が寄せられている状況です。